HOME > H.P.Bimlre 100 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


For other languages, please choose the desired translation from the pull down menu above.

スクリーンショット 2015-12-24 13.22.33.pngスクリーンショット 2015-12-24 13.22.33.png

矯正歯科学 Emil Herbst

昨年12月に本研究会会長、伊藤がドイツデンタル博物館で開催されたHP Bimler生誕100年記念会に参加した際、博物館館長よりHerbst先生の本をプレゼントされ、ドイツ語→英語→日本語と部分的に翻訳しております。
この度序文の和訳が終了しました、その内容がとても素晴らしく歯科関係者の皆様に広く周知したくここに公開します。是非御一読ください。

                  序文

何年もの間、私は歯科矯正分野の研究を行ってきました。その経験に加え、歯科史に関す る旧知の仲間の支援が私にこの本を書き上げる勇気を与えました。
まず私は矯正歯科学の臨床的な部分を解説したり図説にしたりしようと考えましたが、 それを進めるうちに解剖学、病理学、組織学、特に生理学を含める必要がある事が明らかに なってきました。なぜならそれらの基礎知識があって初めてこの新しい歯科の分野の科学 的な知識を可能にするからです。
この本は最新歯科技術を学生や歯科医師に展望させ、治療法を選択する事を可能にする でしょう。また私はこの本を基礎知識と臨床矯正の 2 部構成にしました。更に私は矯正治 療を積極的に進める時と保定に分けました。また装置を使う時と時と使わない時の規定を 厳密にしました。鼻狭窄の治療には別の章が用意されています。また乳歯や外傷歯について の矯正治療も同様です。
私は「矯正歯科(orthdontics)」よりも「歯科整形(dental orthopaedy)」という名称を 好みました。なぜなら外傷と下顎の切除の治療についてこの本には書かれていないからで あり、また整形(orthopaedy)という言葉は形態不良の予防と除去が含まれているからで す。“orthdontry”という言葉はただ歯を並べるだけのことを意味しています。
Guttman による「orthpaedy」の定義:変形の病理学と治療法を教えること。
Angle による「orthodontry」の定義:咬合異常を修正する科学。 これまでを振り返ってみると通常の咬合ときれいに並んだ歯列を生み出すことは、様々
な方法で達成できます。この目的を達成するいくつかのベストな方法がこの本には書かれ ています。アメリカの多くの本(CaseAngleKnapp)ではそこに著されている方法は発 表者によるものだけですが、好みによらずそれら全体を俯瞰してすべての方法を著すべき です。この目標を達成するためにそれぞれの著者についての最善で最も臨床的なものをこ こには著しました。しかしスペースが十分にないためそれぞれの方法の治療結果について はほとんど図や考察を含めておりません。もっと言えば殆どの治療の最終的な結果はとも かく普通に並んだ歯の配列であり、更なる考察を求めるものではありません。この本の目的 は治療のステップを表わすことなのです。関係諸氏に感謝いたします。 


Dental orthopaedy Emil Herbst

Preview

For years I have followed the literature in the area of dental orthodontics. This, as well as the support of my colleagues for previous works regarding the history of dental treatment, encouraged me to write this book. [...].

In the beginning I planned to describe and illustrate just the practical part of dental orthodontics; but during the process of writing the book it became apparent that I have to include the areas of anatomy, pathology, histology and especially physiology because just the understanding of propaedeutik, as much it is relevant for dental orthodontics, will enable a scientific knowledge of this new branch of dentistry.

This book gives an overview of latest technology in the area of dentistry for students and dentists, as well as enabling them to choose their working method. I distinguished between the propaedeutik and the applied orthodontics. I separated the applied orthodontics in active and passive regulation, as well as the strict distinction between the regulation with and without device.

For the treatment of the ala of the narrowing nose, a separate chapter is used, as well as for the treatment of the baby teeth and the orthodontic treatment of injured teeth.

I preferred the name “dental orthopaedy” rather than “orthodontics because the treatment of accidents and lower jaw resections are being discussed in this book and the term orthopaedy includes prevention, as well as the removal, of disfiguration. The term “orthodontry” just refers to the straightening of teeth.
Definition by Guttmann: OrthopaedyTeaching of pathology and therapy of deformation, Definition by Angle: OrthodontryScience of the correction of occlusion anomalities,

In hind sight, the creation of normal occlusion and a nicely formed tooth sector can be accomplished in a number of ways. The best methods to achieve this goal are published in this book. In a number of American books (Case, Angle, Knapp) the only methods described are the ones of the publisher, but in a general overview all methods should be published and no method should be presented favourably. To achieve this goal I present the best and most practical of every author. Due to the issue of not having enough space to present the results of every method described, I decided mostly to not include a discussion and pictures of the results. Furthermore, the final result in most treatments is a normal formed tooth arrangement anyway and no further discussion is required.

The aim of the book is to describe the steps of the treatment.

Thanks to a number of colleagues. 








inserted by FC2 system