HOME 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


For other languages, please choose the desired translation from the pull down menu above.

News

2014/04/13
名古屋にて賛同者40人が集まり決起集会、症例報告会が開催されました。info >>
2014/04/13
名古屋にて賛同者40人が集まり決起集会、症例報告会が開催されました。info >>
2014/09/04
バーバラ・ビムラー教授によるビムラー矯正講習会のお知らせ、参加者募集中。info >>
2014/09/07
バーバラ・ビムラー教授をお迎えして第二回大会、講演会が開催されました。info >>
2014/11/27
入会案内詳細をアップしました。info >>
2015/1/28
4月26日アンドレア・デレジブス教授をお迎えして第三回、講演会が開催されます。info >>
2015/1/28
参考症例を掲載しました。info >>
2015/4/30
第3回大会、およびデレジブス教授特別講演が開催されました。info >>
2015/11/1
第4回大会報告、東京八重洲ホール及びH.P.Bimler先生 生誕100年のお知らせ。info >>
2016/4/13
鈴木先生ご自身によるSLA解説ビデオをアップしました。info >>
2017/03/05
ハーブスト著 歯科矯正学 序文英文及び和訳を発表します。info >>
2017/03/05
本年度SLA講習会ベーシックコース並びにBimlerベーシックコースのお知らせ。info >>
2017/03/05
JOP 5月号に掲載のDr H.P.Bimler生誕100周年の記事、英語原文をアップしました。info >>

SLA・Bimler研究会は主にSoldered Lingual Arch (SLA)とBimlerの装置を使用して、単に審美を求めるのではなく治療中における虫歯や歯根吸収の発生がないなど、より健康的な矯正歯科治療を提供し、さらに機能的でよく噛める歯列を追求する歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士のスタディグループである。

 

The Safety Orthodontic Treatment

SLA・Bimler研究会のホームページにようこそいらっしゃいました。本研究会は矯正歯科界に新しい風を送り込むべく2014年4月に発足しました。その「風」とは「矯正歯科治療をより安全に、そして健康的に進めよう」というものです。お口全体の歯並びに影響する矯正歯科治療は、今日では技術の進歩に伴い昔に比べれば安全になってきたものの、別に示すような考慮すべき事象が取り残されています。
本研究会も決して完全な矯正歯科治療を今すぐ提供できるものではありませんが、少なくてもこれまでと違った概念のもと、より健康的な矯正歯科治療を普及すべく会員が一丸となって活動していきたいと考えています。今後の我々の動向にご注目頂けましたら幸いです。LinkIcon(さらに詳しく会長挨拶を読む)
SLA・Bimler研究会
会長 伊藤率紀

inserted by FC2 system